自宅で太陽光発電を使用するメリット3選?!

余った電力は売れる?!

自宅に設置してある太陽光発電のソーラーパネルによって発電された電気は、自宅で消費するでしょう。しかし、使用していても昼間自宅にいる時間が少なく、夜だけ自宅にいる様な生活スタイルの家族の場合、発電した電力を全て使いきれない時があります。そんな時は、発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことが出来るのです。太陽光発電のソーラーパネルを設置することで電気代がかからなくなる上、電気を現金に変えることも可能なのです。

補助金を受けることが出来る?!

太陽光発電を設置することで、補助金を支給してもらえる場合があります。自治体によって異なるため、確認してみると良いでしょう。一般的に補助金は太陽光発電設置すると25000円から50000円程の補助金を貰うことができるでしょう。太陽光発電を設置すると約120万円ほどの費用がかかります。かかった費用分を取り戻すこともできるでしょう。また、電力を売ることが出来ると、約10年程で設置料の殆どを取り戻すことができるでしょう。

災害時の際に役立つ?!

自然災害によって、電線が切れてしまったり、電力会社が運転を見合わせてしまった際、電力が供給されなくなり停電が続くことがあります。しかし、そんな時でも太陽光発電が設置されていれば、太陽さえあれば電気を作り出すことが可能なのです。停電になってしまうと、食品を腐らせないように冷蔵庫で保管できなくなってしまうので、非常に困ります。また、携帯の充電ができないと、緊急時の連絡が取れなくなってしまいます。災害時に電気を使えるという事は、とても大切なことでしょう。

太陽光発電とは太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変えることです。日照分だけ発電でき、燃料がいりません。