気になるけど聞けない!包茎治療の方法と必要性

包茎は治療する必要がある?

男性の中で包茎で悩んでいる方は意外と多くいます。デリケートな部分の悩みである事や日常生活にあまり支障をきたす事がない事から治療をする事なく放置している方も多いですよね。しかし、包茎は亀頭周辺の通気性が悪くなる事で恥垢が溜まりやすくなり悪臭を放ったり、性行為をした場合に性病にかかりやすいといった様々なデメリットがあります。普段は包皮に包まれている事で刺激に弱く、早漏の原因になる事で自分だけではなく相手も性行為に満足させる事が出来ない場合も珍しくない事から治療が推奨されているんですよ。

自宅で包茎治療は出来る?

包茎治療は自宅でする事も可能となっています。雑誌やインターネットの広告の通販で見かけた事がある方もいると思います。病院で治療する事より費用を大幅に抑える事が出来る点や恥ずかしい思いをする事なく治療をする事が出来るといった点は大きなメリットですよね。一方、間違った治療機器の使い方をしたり、慣れていないと怪我をするといった危険性がある点には注意が必要になります。また、包茎の症状を緩和する事は出来ても完治させる事が出来る場合がほとんどないのでしっかりと治療をしたいといった方は病院を利用する事が必要となっています。

病院での包茎治療が推奨されている理由とは?

包茎治療を病院で行う事が推奨されている理由の1つとして、安全に完治させる事が出来るといった点が挙げられます。一般的な病院だけではなく包茎治療を専門に取り扱っている病院を見かける事も珍しくないですよね。また、現在主流となっている治療法は手術跡が目立ちにくいように余った包皮を亀頭の下部で縫合しています。万が一、銭湯等で他の人に見られても包茎だった事がバレる事はほとんどありません。自宅での治療と比較するとある程度の費用がかかりますが、安全で確実に完治させる事が出来るといった大きなメリットが病院での包茎治療にはあります。

包茎は、男性器の亀頭部分が包皮で覆われている状態で、男性の多くがこういった状態であるとも言われています。また、手術でも治すこともできるので、悩むことはありません。